スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桑田佳祐の病気“食道がん” 生存率は25%程度

桑田佳祐のかかってしまった
食道がんという病気…。
思ったよりもタチの悪い病気みたいですね。

小澤征爾さんも生還したし
桑田さんの前向きなコメントもあって
世間的には楽観ムードも漂ってますが…。

国立がんセンターの発表によると
食道がん患者全体の生存率って
25%しかないんですね。
これは…厳しい。

食道癌は煙草を吸う人と
お酒を飲む人が
かかりやすい病気だそうです。

どちらも発癌リスクの高い嗜好ですからね。
桑田佳祐は飲酒、喫煙の両方を嗜む人ですから
食道がんにかかってしまうのも無理ないのかも。


お酒を飲むと顔が赤くなる人は
ガンにかかる確率が高い!



何故かというと…
アルコールが体内で分解される過程で
生成されるアセトアルデヒドに
発がん性があるからなんですね。

お酒を飲んでも顔が赤くならない人は
このアセトアルデヒドを素早く
無害な酢酸に分解する事ができる人。

顔の赤くなる人は
それができないんですね。
分解されるまでの長い時間
発がん物質の影響を受けてしまう。

だから…ガンになる!

さらに飲酒しながら煙草を吸うと
ダブルパンチです。
煙草の発がん物質をお酒と一緒に
体内に流し込んでるんですから。

桑田さんのガンは「ステージ1」だそうです。
これは日本食道学会の定める
5段階の分類で…「進行度2」の段階


癌が食道表面の粘膜にとどまっているものの
粘膜の下層まで広がっている状態。
あるいは近くのリンパ節へ転移しているけれど
他の臓器にまでは転移していない状態を指すそうです。

桑田佳祐の受ける手術は
患部の食道とその周辺のリンパ節を切除して
残った食道と胃袋をつなぐそうですから
けっこうな大手術だと思います…。

とはいえ、初期の段階で
適切な治療を受ければ
手術後の生存率は
“9割以上”にもなるとのこと!


食道がんは食べ物がつかえて
食事が困難になるなどの
自覚症状が出るころには
すでに手遅れなことが多いそうです。

げっぷが出るという理由だけで
ドックに入った桑田佳祐の判断が
彼の歌手生命を救ったことになりそうです。

食道のすぐ脇には声を調節する神経が…
これを手術で傷つけてしまうと
声がかすれて元に戻らなくなることも…。

なんとか手術が上手くいってほしいですね。
あと、やっぱり健康診断、人間ドックは重要!


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100802-00000020-ykf-ent
関連記事

テーマ : 気になった事
ジャンル : ニュース

タグ : 桑田佳祐_食道癌_生存率

最新記事
カテゴリ
お気に入りに追加できます
My Yahoo!に追加 Add to Google
ランキングに参加しています・・・
RSSリンクの表示
RSSリーダーへの登録はこちらから
livedoor Readerに追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
  • seo
リンク
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。