スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日テレ・山本真純 気になる自殺の原因は「産後うつ」の線で行きます

日テレの女子アナって
以前に何人も自殺してるんですね。
今回の山本真純で何人目なんですか?

ここまでくると日テレの
女子アナにたいする扱いとか
問題はないのかって思ってしまう。

ヤクザの情婦にされてしまった
女子アナもいましたよね。
それを苦に練炭自殺したのは誰でしたっけ?

あ、それは元TBSの女子アナでしたか、失礼。

 週刊 ポスト 2007.11/2


山本真純アナ…まだ5ヶ月の赤ちゃんを残して
自殺なんて信じられない、ありえない。
転落死…飛び降り自殺なんて衝動的すぎます。

報道を見てると山本アナの
自殺の理由は産後うつだろうって
言われてますが…。

産後うつなんて誰にでも
起こりえること。
それで自殺まで行くなんて
私には考えにくいです。

いったい何があったんだろう?

女子アナの世界って
人間関係のストレスが相当らしいけど。
関係者が何人も自殺する日テレの
アナウンス部はどうなってるのかな。

テレビ局の裏側

日テレでは2007年の2月に
大杉君江(鈴木君江)アナ(当時43)が
飛び降り自殺で命を絶っています。

2001年に急死した元日テレ所属の
フリー女子アナ・米森麻美(当時34)の死は
今回の山本アナの自殺と状況が似ています。

米森アナも第一子出産直後の悲劇でした…。
こちらは死因は不明とされていますが。
彼女の死も今となっては謎が残りますね。

とにかく日テレは女子アナの
自殺が多すぎます

なにかおかしい…なにかあるんじゃないかって
思うのが自然ですよね。

疑惑の真相




http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100728-00000045-spn-ent
スポンサーサイト

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

タグ : 日本テレビ_山本真純日テレ_転落死

フジ秋元優里アナとNHK青井アナが真剣交際 なにげに玉の輿も…

フジテレビのニュースJAPANのキャスターを務める
秋元優里アナウンサーがNHKの青井実アナウンサーと
熱愛中だそうですね。

2人は慶応大学の先輩後輩の関係だそうですが
いつ頃から交際するようになったんでしょう?

滝川クリステルの後任キャスターとして
脚光を浴びた秋元アナ。

安定したキャスター振りとFカップの巨乳バスト^^
脚もすらりときれいですよね~。

彼女の名前で検索すれば、その美脚から時おり覗く
パンチラショットが収められたという動画を
紹介するブログがた~くさんありますね ^-^;

たいてい詐欺だと思いますけどねっ^^
男性諸氏はせいぜいお気をつけて。

お相手の青井アナはレギュラー4本を抱える
NHKの若手アナの中でも筆頭格ですよね。

その上、あの丸井百貨店の創業者の孫なんですから…。

これは秋元さん、玉の輿!

アナウンサーになったからには
狙っていかなきゃ嘘ですよね ^^


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100528-00000045-spn-ent

テーマ : 女子アナ
ジャンル : アイドル・芸能

タグ : 青井実_秋元優里秋元優里_熱愛

内田恭子アナ、第1子を出産

ウッチーことフリーアナウンサーの内田恭子さんが12日、ブログで
第1子を出産したことを報告してくださいました^^

おめでとうございます~!

復帰はまだずいぶん先になると思いますが
なによりもご家庭のことを第一に考えて欲しいと思います。

そのうち育児本とかも執筆するのでしょうか?

まずは体調を元に戻す事が先決ですよね。
出産はホントに体に負担がかかりますからね。

味覚とかも全部変わってしまう・・・何を食べても
飲んでも雑巾の絞り汁でも飲んでるかのような味・・・^-^;

でもそんなことは気にならないくらいの幸せに包まれているのでしょうね。
どうかご主人の事も気にかけてあげてください。
赤ちゃんばかりにかまけすぎないようにね^^


テーマ : 芸能一般
ジャンル : アイドル・芸能

タグ : 内田恭子出産

最新記事
カテゴリ
お気に入りに追加できます
My Yahoo!に追加 Add to Google
ランキングに参加しています・・・
RSSリンクの表示
RSSリーダーへの登録はこちらから
livedoor Readerに追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
  • seo
リンク
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。